片づけをしない子供が変身する3ステップ

お役立ち情報

片づけをしないで遊んでたり、散らかしたままの状態を見ると

「片付けができるようになってほしい!」
「どうしたら片づけのできる子になるの?」

そう思いますよね!

整理整頓をして物を大事に扱ってほしい
忘れ物などをしなくなってほしい
自分の掃除の妨げになるから?

理由はいろいろあると思います。

うっちぃの子供も最近片付けを覚えてきました。
私が実践したことなどをシェアします!

うっちぃ
うっちぃ

私は掃除の妨げになるから子供たちに掃除してほしかったw
ってことは子供達には内緒!

片付けができる子になる為の3ステップ

遊ぶことや楽しいことに夢中になっています。
子どもにとっては楽しいこと中断してまで片付けようとは思いません!

この3ステップは
親が子供に対して普段から気を付けてあげられる3つなので、心がけてあげましょう。

・一緒に理解をする
・片付けのタイミング
・積極的に褒めてあげる

整理と収納、一緒に理解をする

まずは整理、必要なものと不要なものを子供に聞いて分けてください。

そこに大人の事情は入れてはいけません。

このおもちゃ・・・高かったのに( ノД`)

まだ整理を理解していない子もいる場合があります。
高価なものやよく遊んでいた物は段ボールなどに入れ、いったん様子を見ましょう。

様子を見て、本当に不要だと思ったら譲ったり売るなど処分してください。

整理ができたら、次は収納です。
子供にとっての使いやすい収納、適した場所っていうのは年齢や性格によって異なります。

ざっくりとした収納 or 細かく分けていく収納


子どもと相談して、意見も取り入れつつ収納を決めてください。

「どこに何をしまうか」という点については、子どもの動線を意識してあげることも大切。

重要なのは
大人が使いやす収納ではなく、子供が使いやすい収納です。

っといっても、子供は収納術のレパートリーがあまりないので一緒に考えてトライ&エラーを繰り返して子供に合った収納を探してみてください。

娘のおもちゃ収納に買った商品を張っておくので参考にしてみてください。

Kennkari おもちゃ収納ラック おもちゃ箱 収納ケース 分類収納キッズラック 天板付き 大容量 4段階 木製 (A型 ナチュラル)
Kennkari おもちゃ収納ラック おもちゃ箱 収納ケース 分類収納キッズラック 天板付き 大容量 4段階 木製 (A型 ナチュラル)

片付けのタイミング

片付けをするタイミングを決めて、声掛けすると片付けを習慣化しやすくなります。
最初は「寝る前のお片付け」「お風呂前のお片付け」どちらかを挑戦してみてください。

気持ちの切り替えができなさそうなら一緒に片づけたり、子どもが片づけたくなるような声掛けなどの工夫も大事です。

うっちぃ
うっちぃ

私洗い物やっちゃう!
そっちの片づけは任せた!!

「どっちが早く終わるか競争しよう!」もおススメ♪

自分たちの合ったタイミングを作り習慣にしていきましょう。

積極的に褒める・感謝する 

親の思うようなお片付けになっていなくても、その日にできたお片付けを褒め、自信をつけることがとても大切!
褒め方の基本は具体的に褒めるです。

その他にも私が普段よくやっているのは
「片付けはいいことなんだ」+褒めるです。

うっちぃ
うっちぃ

片づけた事によって○○ができるようになったね!頑張ったね!

感謝することも効果的!

自分が片づけると相手はどう思うのかを伝える事が大切なのです。

うっちぃ
うっちぃ

ありがとー!
片付けてくれて気持ちいいから、とっても嬉しい!

悲しい気持ちも伝えるといいですよ!
「やりっぱなしは、ぐちゃぐちゃで悲しい」

この積極的に言う作戦は、子供の性格や年齢によっては効果が薄いように感じるかもしれません。
が、私はとても必要なステップだと思っています。

どうしてできないのか

・片付けの意味、仕方がわからない
・必要性を感じていない
・病気の可能性

片付けの意味、仕方がわからない

子供は、片づけについて教わっていません。
小学生もそれは同じです。
学校は掃除は教えても、片づけは教えてはくれません!!

大人は自分で学ぶ力がありますが、子供にはないのできちんと教えてあげましょう。

掃除・片づけ・整理・収納・整頓
これらをきちんと説明できますか?
自分はできていますか?

掃除  ゴミ、汚れキレイにして、清潔を保つ
片付け 使った物を決まった場所にに戻すこと
整理  物の要不要を判断して不要なものを手放す
収納  物の定位置を決めて収める
整頓  出し入れしやすいように順序だてて収納する

はい、「私は子供にちゃんと説明している」っていう方いると思います。

私も子供の頃に、ばぁちゃんから教わっていました!

がっ!理解して実行できるとは限らない!!!!

教わっていたのにもかかわらず
うっちぃが理解して実行できたのは34歳の時です。

うっちぃ
うっちぃ

ばぁちゃんが言ってたことってこういう事!?
この歳になってわかったよ!!

↑のセリフを伝えたら、ばぁちゃんはびっくりしながら呆れていました( ´∀` )

必要性を感じていない

片付けに対して「厄介な作業」としてのイメージが強くある可能性が大です。

片付けへの必要性を感じていなければ、当然優先順位もひくくなり「今忙しいから後で」「遊びから帰ってきてから」っとあと回しに・・・

片づけたい人、掃除したい人がすればいいやん!
どうせ片づけても散らかるし!
別に困らないし!

必要性を全く感じていないですね( ノД`)

・物を探す時間、手間がなくなる
・忘れ物がなくなる
・掃除がしやすくなる

「人生の効率化になるので必要」
私はそう子供たちに必要性を伝えました。

病気の可能性

ADHDの人は片付け苦手な傾向にあります。

・衝動性のせいで集中できない
・面倒なことはとりあえず先延ばしにしてしまう
・優先順位の把握が苦手、段取りが下手

この他にもいろいろな事が原因で苦手な傾向にあります。

うっちぃ
うっちぃ

でも諦めないでください!
ADHDの私が克服してるから大丈夫です

3ステップは無駄ではありません!!!
ADHDの人は確かに特徴がありますが、日常生活で訓練?改善?することができます。

メリット

・責任感・自立心・自主性が生まれる
・創意工夫する力
・判断力・先を見通す能力
・集中力が高まり、成績が上がる

責任感・自立心・自主性が生まれる

「自分のモノは自分で片付ける習慣」によって、責任感・自立心・自主性が養われる

創意工夫する力

何を」「どこに」「どのように片付けるか」といった工夫ができるようになることで「考える力」が養われます。
また、整理・整頓を通じて「自分が管理できる量」を体験的に知ることができます。

判断力・先を見通す能力

選別することによって、判断する力も養われていきます。
頭の中の整理ややるべきことの優先順位の整理を付けられるようにもなります。
また、整理・整頓を通じて「自分が管理できる量」も体験的に知ることができます。

集中力が高まり、成績が上がる

落ち着いた環境は、子どもの集中力を高めます。
何がどこにあるか一目瞭然であれば、効率よく学習ができるため成績が自然に上がるとも言われています。

一番のメリットは母と子
Win-Win!!!!

まとめ

「社会には守らなければいけない規則規律がある」という事実を、子どもたちはお片付けをとおして少しずつ学んでいけるのかなっと壮大に感じております。

うっちぃ
うっちぃ

意外と奥深い事なんだよー

子供の片づけに関して
どこまで求め、何をベストとするのかっていう事を考えてほしいです。

18歳の息子を見て
「片づけができない」ではなく「やらない」っという選択もあるってことを知りました。
相手の意志や、片付けに関するメリット・デメリットなどを知った上で自分はどう在るべきかを感じたからです。

親であっても子供に強制はできません。
自分の定義を押し付ける事がないように気を付けて教育していきましょう!

子育てに関する悩みは尽きませんね・・・
何が正解なのかもあやふやなものですから( ´∀` )



タイトルとURLをコピーしました